夢を叶えるために

漫画家、イラストレーター、クリエイター、声優などクリエイティブ業界の仕事は若い世代をはじめ、今や多くの方々から脚光を浴びています。しかし、これらの職種で働くためには、技術を身に付けられる場所で学ぶ必要があります。そして、技術を身に付けられる場所こそが「専門学校」なのです。

映像・マンガが学べる専門学校!その特徴と魅力

男性

マンガ専門学校の特徴

最近ではマンガ科を設立する学校も増えてきており、マンガ専門学校に志望する若い方も大勢いらっしゃいます。マンガ専門学校では現役で働いているプロの漫画家が直接指導してくれるため、マンガの描き方を1から学ぶことができます。また、マンガ専門学校はマンガの基礎を学ぶことができるだけでなく、デビューや就職のサポートもあることから卒業後も安心です。プロの漫画家として働きたい、技術を1から学びたいという方はマンガ専門学校がオススメでしょう。

クリエイターなら映像科へ

映像・グラフィック関係のクリエイターを目指しているというのであれば、映像専門学校へ通いましょう。映像専門学校では3DグラフィックやCGの基礎知識を学び、映像においての制作技術を身に付けることが可能です。また、映像科コースでは資格が取得できるだけでなく、最適な職場を斡旋してくれるので、就職活動も安心して行なうことが可能です。アニメ・ゲームを制作したい、最新のテクノロジーに触れたいという方は映像専門学校への入学をご検討ください。

声優は高校からでも学べる

アニメやゲームが流行している日本において、声優は10代20代と若い世代から人気のある職業です。そのため、声優を育成する専門学校は数ある専門学校の中でも非常に人気です。しかし、声優は専門学校からではなく、高校からでも学べることをご存知でしょうか。高校の声優コースでは専門学校と同じく、専門性の高いカリキュラム内容で1人前の声優を育成しています。高校の声優コースは15歳以上から入学することが可能なので、早く声優の業界に入りたいという方は願書を提出するといいでしょう。

自分に合った学校を選ぼう

クリエイティブ業界の仕事は他の業態とは違い、それぞれの職種で専門性が高いです。そのため、どの専門学校を卒業するかで今後の就職先が決まると言っても過言ではありません。クリエイティブ業界に入りたいという気持ちは大切ですが、専門学校あるいは高校に志望する前に、改めて将来的にご自身がどのような職種に就きたいのかを考えておきましょう。その上で、ご自身に合っていると思える学校へ進学しましょう。

[PR]
映像の専門学校に通う
入試情報を事前に見てみよう☆

専門学校の選びのポイント

カリキュラム内容は充実しているか

どの専門学校においても言えることですが、カリキュラム内容の充実さは専門学校選びにおいて重視すべきポイントです。カリキュラム内容は専門学校ごとで異なるので、パンフレットやホームページなどを確認し、複数の専門学校から比較して選ぶといいでしょう。

施設や設備は十分に整っているか

これから1年、2年と通う専門学校ですから、施設の雰囲気や設備の充実さは大切です。やはり最新の教材や設備が整っていると授業のレベルも高くなります。ご自身の将来のためにも施設や設備が十分に整っているかをあらかじめチェックしておきましょう。

授業料が高くないか

専門学校選びにおいて1番のネックであると言えるのが、授業料の高さです。年間の授業料が高くて支払うことができないともなれば、本末転倒です。授業料に不安がある場合には、奨学金制度や夜間学校という選択肢はあるものの、なるべく予算内で収まる専門学校を選びましょう。

就職サポートは万全か

専門学校というのはあくまでも就職するまでの通過点になります。そのため、カリキュラムだけでなく、就職サポートについても目を向けなければいけません。基本的にどの専門学校でも卒業後もきちんと就職サポートしてくれるので、ご自身が目指す職場を斡旋してくれる学校を選ぶといいでしょう。

複数の専門学校を比較すること

専門学校を選ぶということは、将来の仕事を決めることと同意義です。そのため、進路選びでは慎重にならなければなりません。目指す専門学校が決まっている場合にはその学校へ志望するといいですが、決まっていない場合には複数の専門学校を見てみることをおすすめします。比較することでご自身に合った学校が見つかるはずです。

インターネットを活用しよう

専門学校を探している場合、インターネットを活用しましょう。インターネットならホームページや口コミなどからその学校の実績や評判などが確認することが可能です。